1分でできるココナラの登録方法はコチラ

【結論】ブログの語尾は「ですます調」と「だである調」どっちがいい?

【結論】ブログ文章は「ですます調」と「だである調」どっちがいい?

ブログ文章の語尾は「ですます調」で書くのと「だである調」で書くの、どっちがいいのか?

え~、こちらの疑問に関しまして、最終結論を発表いたしますが・・・

ブログ文章の語尾は「だである調」だとデメリットだらけなので「ですます調」で書いたほうが絶対にいいです!

はい、というお話です。

ココ

え、なに、もう結論出ちゃってるの!?

ナラ

なんで「ですます調」がいいのかしら?

私は一度ブログの語尾を「だである調」で50記事以上書き、書き続けるのがだんだんしんどくなって途中から「ですます調」に乗り換えた過去があります

さらに、過去書いた「だである調」の記事そのまま残しておくのが嫌ですべてリライトしたほどです。

そんな失敗を経験したからこそ伝えたい、

ブログ文章の語尾は「だである調」よりも「ですます調」がいいこれだけの理由!

についてこの記事で解説していきたいと思います。

\ ブログが楽しくなるツール /

ココナラ無料登録へ

ブログ文章の語尾を「だである調」で書くデメリット

ブログ文章を「だである調」で書くデメリット

ココ

せっかく「だである調」でブログ記事を50個も書いたのにどうして「ですます調」にリライトしたの?

それはずばり、語尾が「だである調」のブログには客観的に見たデメリットがたくさんあることに気づいたからです。

ナラ

ただの言い回しの違いだけでそんなにデメリットがあるの?

はい、あります。

大きなデメリットは以下の3ポイントです。

デメリット①語尾が「だである調」のブログが少ない

まず最初のデメリットはそもそも語尾が「だである調」で書かれたブログが圧倒的に少ないということです。

有名ブロガーといわれている人のブログ、普段何気なく検索して上位に出てきたブログ、みーんな「ですます調」ではありませんか!?

ブログ初心者はまずはこの大多数の先人たちが作った波に乗っかりましょう。

「ですます調」で書かれたブログが多いということは、多くの人は語尾が「ですます調」の文章を読み慣れている、ということです。

当然、読みなれた語尾の文章は頭に入ってきやすいし、逆に読みなれていない「だである調」の語尾は読者に違和感を与えてしまう可能性があります。

デメリット②語尾が「だである調」の文章はとげとげしい

語尾が「だである調」の文章が読者に与えてしまう違和感とはなにか?

これは多くの場合、高圧的だったり、とげとげして攻撃的だったりするものが多いです。

このように不必要にとげとげしくなってしまうことも語尾が「だである調」でブログ文章を書く大きなデメリットです。

ブログって基本的には赤の他人が読むものですよね。

そう考えたら口調は柔らかく丁寧であるに越したことはありません。

特に商品レビューやサービスのおすすめ情報で収益化を考えているならなおさら、やわらかい印象を与える「ですます調」の語尾でブログを書くべきです。

デメリット③語尾が「だである調」の文章ってやたらエモい

あと、語尾が「だである調」の文章ってやたらエモいんですよね。

ツイッターやフェイスブックで意識高い系の人が美しい写真とともにこういうエモい投稿してるの、見たことありませんか?

詩でも書いてるの?っていうくらい不必要にエモくなってしまうのも語尾が「だである調」でブログ文章を書くデメリットです。

もちろんエモい文章には読者に共感を生む文章を演出するという役割もあります。

ただ、何か情報を求めて記事にたどり着いた読者にとっては「エモさはノイズ」でしかありません。

それにエモい文章って、時間がたって読み返してみたらなんか恥ずかしい…人に見せるのも恥ずかしい…

で、その「恥ずかしさ」から次第にブログを書くことがつらくなる…

まさに本末転倒です。

語尾を「だである調」にしてブログに個性を出したい?

「だである調」の文章でブログに個性を出したい?

これまでの語尾を「だである調」にするブログのデメリットをまとめると、

  • 読者が読みなれた大多数と同じ口調で
  • トゲトゲせず親しみやすい口調で
  • 求められていない不必要なエモさを排除して

という文章でブログを書くことが望ましいことが分かります。

ココ

でもそれだとブログ自体に個性がなくなっちゃうんじゃないかな…

と疑問を抱く人もいるかもしれません。

確かに、無個性で特徴のないブログというのは読んでいても面白くないし、読者を飽きさせてしまう可能性もあります。

ただし、ブログの個性を「だである調」の語尾で出そうとするのは間違いです。

ブログで個性を出したいなら体験に勝るものはありません。

ナラ

情報をまとめただけのキュレーションサイトや、あからさまなアフィリエイトサイトには正直ウンザリ…

読者が求めている情報をより濃くするのは、あなたが実際に手足を動かして気付いたこと、実際に使ってみた商品のレビュー、訪れた場所の景色、などなど…

それらの体験を基にしたブログには自然と文章に個性が宿ります。



だからブログ文章の語尾は「ですます調」という結論

だからブログ文章は「ですます調」という結論

以上が、ブログ文章の語尾は「だである調」ではなく「ですます調」で書くべきだ、という結論に至る理由です。

もちろん、「だである調」のほうが書きやすいという人は「だである調」で書くべきです。

ブログの基本は書くこと

書きやすさという面で多くの人にとって「ですます調」の方が親しみやすいのは事実だと思いますが、それが全てというわけではありません。

ただ、初心者でどちらか悩むくらいなら最初は比較的デメリットの少ない「ですます調」の語尾で書いてみてください。

この結論に間違いはないと思います。

ブログに見た目のインパクトも欲しい

ココ

ブログの語尾は「ですます調」が一番無難みたいだね

ナラ

でもそれってちょっと物足りないかも?

たしかに、体験談を書くことによってブログに個性を作ることは出来ますが、文章だけではブログに見た目のインパクトをつくることは出来ません

そこで、ブログに見た目のインパクトを作るのに最も効果的な方法がイラストを使うことです。

イラストは表面的にブログを飾ってくれる上に、ブログに対する愛着も増加させてくれます。

特におすすめなのは、オリジナルのブログキャラクターを作ることです。

このブログに登場するキャラクターのイラストは「ココナラ」というクラウドソーシングサービスを使ってイラストレーターさんに作ってもらいました。

ブログキャラクターの作り方はコチラの記事に詳しく書いてあります

【簡単・安い】魅力的なブログキャラクターの作り方【ココナラが便利】【簡単・安い】魅力的なブログキャラクターの作り方【オリジナル】

  1. 日本に存在する大多数のブログと同じ「ですます調」の語尾で読みやすさを損なわない
  2. 自分が実際に見たり使ったりした「体験談」を重視してブログに個性を出す
  3. 「オリジナルのブログキャラクター」を登場させてブログに見た目のインパクトを作る

この3拍子がそろっていることが、長くブログを続ける上でコアともいうべき必要不可欠な要素です。

嬉しいことにココナラなら1000円からの安値でこのようなイラストを依頼可能です。(登録自体は無料でできます)



\ 1分で出来ちゃう /ココナラ無料登録へ

なお、ブログの記事がたくさんたまった後にブログキャラクターを作ると、それまでたまった記事の吹き出しを全て入れ替えなければならなくなります。

これは非常に手間のかかる作業なので、出来るだけ記事数の少ないうちに作ることをおすすめします。

その他、ブログの書き方・楽しみ方ノウハウはコチラから

【趣味】ブログの書き方・楽しみ方ノウハウまとめ【我流です】【趣味】ブログの書き方・楽しみ方ノウハウまとめ【我流です】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA